<< 人心荒廃? | main | 家や物への執着 >>

ネコとの賢い付き合い方?!

0
    最近、ネコが大ブームですね。
    私も高校〜大学に掛けて自宅で猫を2匹飼ってましたから可愛さはよくわかります。

    ところでネコに関係ある話で、ネコ好きで、これから赤ちゃんが欲しいと思っておられる女性に読んでもらえたらという話題です。

    妊娠中に水疱瘡にかかると母体や赤ちゃんが危険になることは比較的に知られていますね。子供を産みたいと思ったら妊娠前に抗体検査を受けて抗体が無かったら予防接種を受けておけば安心です。

    意外と知られてないのは妊婦がネコの体内に寄生しているトキソプラズマという単細胞生物に初めて感染すると赤ちゃんに重い障害が起きることがあるということです。若い女性はネコに触らない方が良いと言われるのはそのせいです。

    赤ちゃんを産みたいと思ったら抗体検査をして抗体があれば心配ありませんが、抗体を持っている人は少ないです。抗体が無い場合は食事や生活、ペットとの接し方に注意する必要があります。
    ネコだけでなくあらゆる動物、鳥、人間がトキソプラズマに感染している可能性があります。ですので生肉に触ったり、ペットの糞や庭の土を触ったりするのも妊婦は避けるべきです。

    なのになぜネコだけが感染源みたいに言われるようになったんでしょう?それはトキソプラズマの本宿がネコの腸内だからと思われます。ネコのお腹だけで有性生殖できるそうです。他の動物では無性生殖しかできず仮の宿ということらしいです。
    ネコとトキソプラズマの関係にはもっと神秘的な話もあるようですが本題から外れるので次の機会にしてこの辺で…

    結論として正しい知識があれば心配はいりません。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM